遺言相続法務

個人法務

個人のお客様へ

相続分野は、弁護士であれば誰でも扱えると一般には思われがちです。

しかし、実際には他士業との連携や法改正に対する迅速な対応が求められるため、専門性の高い分野といえます。例えば、相続税の問題では税理士の協力が不可欠であり、遺産分割協議書の作成に際しては司法書士との連携が求められます。また、遺産に不動産が含まれる場合には、不動産業者との協力が必要です。このように、相続問題を円滑に解決するためには、さまざまな専門家との連携が欠かせません。

さらに、相続法は頻繁に改正されるため、最新の法改正に対応することが重要です。法改正に伴い、新たな手続きや規制が導入されることが多いため、常に最新の情報をキャッチアップし、依頼者に対して適切なアドバイスを提供することが求められます。このように、相続分野は単に法律知識だけでなく、多方面にわたる専門知識と実務経験が必要とされる高度な専門分野です。

したがって、相続問題に取り組む弁護士には、法的な専門知識に加えて、他士業との連携能力や最新の法改正に対する迅速な対応能力が求められます。これにより、依頼者に対して最適な解決策を提供し、円滑な相続手続きを実現することが可能となります。

Leapal法律事務所では、相続分野を主要な注力分野の一つとして掲げ、日々研鑽を重ねています。私たちは、相続問題に関する高度な専門知識と実務経験を備えた弁護士として、依頼者の皆様に最高水準の法的サービスを提供することを目指しています。相続に関する法改正や判例の動向を常に追い、最新の情報を取り入れることで、依頼者に対して最適なアドバイスと解決策を提供できるよう努めています。

さらに、相続問題の解決には、法的知識だけでなく、感情的な側面や家庭内の人間関係にも配慮する必要があります。そのため、Leapal法律事務所では、依頼者一人ひとりの状況や心情を丁寧にヒアリングし、真摯に向き合う姿勢を大切にしています。また、税理士、司法書士、不動産業者、金融機関など、さまざまな専門家との連携を図り、依頼者の負担を軽減し、効率的に問題を解決するためのワンストップサービスを提供しています。

Leapal法律事務所では、相続問題に直面するすべての方々に対して、安心してご相談いただける信頼のパートナーとして、最善のサポートを提供してまいります。

大阪市北区の弁護士による相続の無料法律相談【遺言書作成から遺産分割まで】

遺言相続に関する主な対応実績は以下のとおりです。

・収益不動産等の多数の不動産を含む自筆証書遺言作成、公正証書遺言作成
・多数の資産を有する中小企業経営者一族の遺産分割調停事件
・遺留分侵害額請求に係る交渉、調停事件
・その他相続放棄、遺産分割交渉等