弁護士 山村 真吾

得意分野・特色など

・ベンチャー精神を基に何事にもフレキシブルに創造性高く挑戦し、個々の依頼者のニーズを深く理解し、最適な解決策を共に模索します。
・IT、インターネットビジネス、コンテンツビジネスに精通しており、各種消費者関連法、広告・キャンペーン等のマーケティング販促法務や新規サービスのリーガルチェックを得意とします。
・一部上場企業から小規模事業まで幅広い業態から、日常的に契約書レビューや、職場トラブルや定時株主総会の運営サポート等の法的問題に対応した経験から、ビジネスと法律の橋渡し役として、法的アドバイスを行います。
・その他マンション管理案件、氏の変更、離婚、遺言相続、交通事故等の一般民事案件にも精力的に取り組んでいます。

主な対応実績

・日系電子機器メーカーを対象とする法務デューデリジェンス
・日系自動車部品メーカーを対象とする法務デューデリジェンス
・下請企業現場における労災事故に関する損害賠償請求事件
・不当考課に関する労働審判
・管理監督者性が争われた残業代請求事件(交渉及び訴訟)
・CtoCマーケットプレイスの各種規約のレビュー、各種広告、景品規制のレビュー
・医療機器メーカーの医療機器広告のレビュー
・収益不動産の売買契約書レビュー、契約交渉
・多数の資産を有する中小企業経営者一族の遺産分割調停事件

学歴

滋賀県立膳所高校卒 
神戸大学法学部卒
神戸大学法科大学院卒

経歴

2018年11月
司法試験予備試験合格
2019年3月
神戸大学法科大学院修了
2019年9月
司法試験合格
2020年12月

最高裁判所司法研修所修了(73期)
大阪弁護士会登録
2021年1月
弁護士法人中央総合法律事務所(~2024年3月)
2024年4月
Leapal法律事務所開設

所属・活動

大阪弁護士会(73期)
電子商取引問題研究会
日本マンション学会 正会員

著書・論文

「TAX&LAW 事業譲渡・会社分割・株式譲渡・合併・更生再生清算」(共著 第一法規)